2018年4月21日土曜日

ミズイカ

今回の日記は釣り用語満載です。
面白くないと思う方はパスしてね

先日ほんと久しぶりにエギングに出掛けました
糸島半島いつもの大場所。やっぱ平日なのに
人が多いっ。ここ数年でエギング人口増加、ミズイカの数
減少...って感じでなかなか釣れないのが現状です。
と言っても、本格的にシーズン始まって、まとまった数の
ミズイカが湾内にさしてきたり、時合が重なると結構な確率で
釣れたりします。私がいっつも行ってる所は場所によって
違ってくるけど、やっぱり満潮前後の潮が大きく動いてるタイミングかな。
でも、ミズイカ釣り(特にエギング)って私が思うに80%は運。
あとの20%は何度何度も海に通って、使ってるロッドやリール(巻いてるラインとか)、
使ってる餌木が風や天気や潮の流れで、どう変わるかをわかっておくことかな。
ずっと同じ道具を使ってたほうが「あたり」もわかりやすいので、
あれこれ変えずに釣りしたほうが、結局近道かもねー

で、この日はちょーラッキー!で1キロくらいのミズイカを一杯だけゲット♪
そう、まわりの方々にはあたりすらない状況。良かったーー
やっぱ運なんよね♪エギングって


読んでくれてありがとうございました
わかりにくくて、すみません(^_^;)

つぎは釣りではなく、イカの事を少し掘り下げて書いてみたいと
思います。





2018年4月20日金曜日

海の中道海浜公園

ここ海の中道海浜公園には実は行ったことがない...。
記憶にないからたぶん行ったことがなかった。

先日、気候も良くなったこともあり、「とりあえず」
くらいの気持ちで出掛けたわけですが。
想像以上に広いし、楽しいし、満喫できました。

綺麗に手入れされた広いフラワーガーデン



バラには少し早すぎたけど、花の香りにつつまれ(花粉症も
治りかけでよかった)大満足




動物たちもいるってことで少し奥まですすみ「どうぶつの森」へ
ここは動物たちとの距離がやたら近い!

フラミンゴなんて、ほんの1メートル先で
水浴びしてるところをじっくり観察でき、


ロバ?いや、なんちゃらポニーかな?
数センチの距離。触ってもよかったのかなぁ
似てるなぁ自分に....






こんな珍しい光景にも遭遇できこちらのエリアも大満足






5月は「ばら祭り」もあるようなのでまた家族で出かけようね
5月はサークルがあるからそれが終わった月曜日とか
人も少なくて良さそうだね






そして、ここにこんどは絶対行く!




2018年4月3日火曜日

福岡市動植物園

久しぶりに行ってきました!
福岡市動植物園

いつ以来かなぁ
20年は行ってなかったような...

様変わりした動物園は動物たちを見やすくなって
スロープカーというとっても便利なものができてた!
植物園と動物園との行き来が楽ちん♪
今頃驚いてるほうがおかしいかもね笑




この子は(名前忘れた)かっちょ良かった



3月最終の月曜日は動植物園は開園してて、お花見もできて
そして園内は空いてておすすめだよー
また来年来よーっと





桜もポピーも綺麗かったなあ




2018年2月28日水曜日

MILK BABY LINE バスタイム ウォッシュ

最近つかってるボディウォッシュがこれ

「MILK BABY LINE バスタイムウォッシュ」

肌を健やかにするカモミールやカレンドラを配合したラベンダーの
香りのボディウォッシュです。赤ちゃんから大人まで使えて、全身を
優しく洗い上げます。この冬、肌が乾燥気味(年のせいか...笑)
だったので活躍しています。



MILKはオーストラリアのオリンピック競泳金メダリストの
マイケル・クリムとパリの王室出身で大手スポーツ用品
メーカーのモデルである妻のリンディーによって創設された、
オーストラリア生まれのナチュラルコスメのファミリーカンパニーです。
MILKというブランド名はクリム家のKLIMを逆さまに呼んだ
名前が由来となっています。クリム一家はスポーツの経験と
3人の子供の子育てを通して生活がもっと心地のいいものに
なるような製品をつくっています。肌にいいモノを使って作った
シンプルな製品は、家族みんなが使えるラインアップとなっています

その中で、BABY LINE は、肌を穏やかに整えるカレンドラや
カミツレなどのフラワーオイルに、シアバターやアボカドオイルなどの
保湿成分もたっぷり入っています。また、天然成分を使うことにこだわった、
安心してお使いいただけるアイテムです。
シャンプー&コンディショナーやいろんなアイテムがそろっているので
チェックしてみて下さいね。(バルベリアでの取扱あります!)


MILK




2018年2月14日水曜日

チョコレートコスモス

今日はバレンタインデー
チョコ大好きなのでこの日は嬉しい一日です
もちろんたくさんいただく訳ではないけど...(笑)

でお店にはチョコレートコスモスを飾ってみた
チョココス(略して)は暑さにも寒さにも弱いのか
花持ちがいまひとつなのですが、この子は少しは長持ちするかなあ
と思っています。

チョココスってメキシコ原産なんだけど、原種はすでに絶滅し、
基本的に種ができないため、原種も交配種も種で増やすことが
できないそうです。これは知らなかったです。
なので挿し芽(芽の先端を切り取って、水揚げして挿し木用の
用土に挿す)か、分球(球根状に肥大した根をを切り分ける)
でしか増やすことができないそうです。たったひとつの株から
増やしてきたものなんでしょうね、すごい!
桜のソメイヨシノも自然交配で純粋な子孫はありせない「自家不和合性」
という性質なので接ぎ木でしか増やせないんっだったね。
こんなことを知ると短い命でも花屋さんで見つけたら愛おしく
思ってしまいますね。

お花屋さんで見つけたら、はかない短い命かもしれないけど
買ってそっと飾ってみてくださいね。
チョコレートを思わせる香りも楽しめます(匂いに鈍感な私は
ちょっとわかんないのがホントのところ...)



2018年2月8日木曜日

啓翁桜

以前も冬に花を咲かせる桜「啓翁桜」を紹介したことがあったとは
思いますが、先日、久山植木に行った時にまた思わずこの啓翁桜を購入




この啓翁桜は久留米市の良永啓太郎という方が作り出したそうです。
シナミザクラとヒガンザクラの雑種で啓太郎さんの啓を取って、
「啓翁桜」と名づけられたそうです。
啓翁桜は切り枝にしても持ちがよく弱らず、枝のつき方もフラワーアレンジ
などに向いているらしく、12月のうちに枝を切り落として来て、寒さにあて、
出荷時期にあわせて温室に入れたりお湯につけたりして開花を早めて芽吹かせて
おくようですね。まだ2月ですがバルベリアの「桜」も綺麗に咲き始めて
います。咲いてしまって花が終わる頃は緑の葉っぱが綺麗な葉桜としても
楽しめます。

お部屋に飾って春を待つのもいいですね







2018年1月18日木曜日

2018年 初糸島

2018年年明け初糸島
と言ってもちょこっとお出かけしただけ
出掛けた先は歴史のある建物

まずは伊都安蔵里
ここはご存知のかたも多いとは思いますが
建物は大正年間に創業した「旧福寿醤油」が、
昭和初期に建てた建物です。※写真なくてすみません....
歴史を感じさせる建物なので訪れて眺めてるだけでも
気持ちの落ち着く場所かもしれません。

今は修復、保存されレストランとカフェとセレクトショップが
併設されています。レストランの食材はほとんどが糸島産で
添加物を使わない調味料を使用しています

セレクトショップはオリジナルブランドの商品をはじめ、糸島産の生鮮食品、
全国各地の製法にこだわった調味料や加工品が並んでいます

で、ここでこの日、購入したもののうちのひとつが
「甘酒プリン」
糸島の長糸地区で古くから文化として残っている甘酒を
糸島の生姜ソースと一緒にいただきます
おいしいです♪ 
NHKの「グレーテルのかまど」でも紹介されてたらしい


「伊都安蔵里」
糸島市川付882
092-322-2222

お腹が空いていたけど、きょうはここで食事せずに



-----------------------





前原の「古材の森」へ
ここもまた歴史のある建物で明治時代に建てられたもの







店というより家だね



古材の森は、江戸時代の豪商「西原家」によって、
明治34年(1901)に建てられた建物を修復、保存されたものです。
地域で採れる食材を使ったランチやカフェ営業を中心に
地域の歴史や文化的な拠点施設として活用されています



広い店内では、糸島の食材を使った手作りで体に優しい料理の
提供や様々な展示やイベントなどを行っています

古材の森ランチ↑





この「古材の森」は所有者から「家を処分したいので、建物を見てほしい」と
解体を依頼された会社が「この建物は残さなければ」という思いで修復、保存
されたものです。
その建物は、「綿屋」という屋号を残す町屋で、江戸時代から
唐津街道の宿場町である前原宿を支えてきた旧家・西原家によって、
明治34年に建てられた建物です。
歴史的な価値が高く、糸島市中心地区の景観を残す上で
非常に重要な建物であると判断し、建物を壊さずに修復・保存され、
現在、ランチやカフェの営業を中心に、地域の文化的な拠点施設
として活用されています


「古材の森」ランチ&カフェ
糸島市前原中央3-18-15
092-321-4717